DuelNote

カードゲームやコンシューマゲームについて、あれこれ語っていくような感じです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【デッキ】 作業用 六武衆

遊戯王WCS2011における、対CPUの作業用六武衆デッキを考えてみた。

【モンスター】 15枚
六武衆の師範×3 真六武衆-キザン×3 真六武衆-カゲキ×3 六武衆の影武者×3
六武衆の露払い 六武衆-ザンジ 真六武衆-エニシ

【魔法】 18枚
強欲で謙虚な壺×3 六武の門×3 六武衆の結束×3
成金ゴブリン×3 六武の狼煙×3 サイクロン×2 増援

【罠】 7枚
強制脱出装置×3 神の警告×3 神の宣告

自分のターンで数えて、2~3ターンでケリをつけることを目標としたモノ。
門2枚あれば言うまでもない展開力が出来るが、門1枚でも条件によってはOK。

門1枚で、手札にカゲキ、影武者と師範orキザンがいれば、
カゲキ+影武者⇒シエン特殊召喚、そして師範、キザン×3と繋げられる。

その場合の攻撃力の多寡は2100×3+2500+500=9300なので成金ゴブリン1枚は使ってOK。
(1匹は相手モンスターを倒すのでダメージは0として計算。)

門と結束があれば、地味に手札増やせる場合もあるので、カウンターは無駄に使わないようにしましょと。


師範がダブったら、黒薔薇にしてしまうのもアリ。(影武者があるのが前提だけど。)
ブリュになって、師範orキザンを手札に戻しつつ、六武の門のカウンター貯める場合もアリ。
シエンになれないパターンでも勝ち筋は色々とあるハズ。

強欲で謙虚な壺は最後の手段。
どうやっても攻められない場合はコレを使って手札を整えてから次のターンにフィニッシュすればOK。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。