DuelNote

カードゲームやコンシューマゲームについて、あれこれ語っていくような感じです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょっと偉そうな文

カードに強弱などない。
デッキに入るか入らないか、それだけである。

その観点から見ればカードに短所はない。
それはカードの特徴なだけである。
明らかに他のカードよりも強力と思われる力があれば、
それ相応のコストがついて当然なのだ。

しかしながら勘違いする人間が多く、
短所と思わしき効果を見つければ怒涛の如く騒ぎ立てるのだ。


そしてもう一つがアドという言葉。
意味分からないで使っている人多いのではないだろうか?
ただ単に手札が増えればいいとか考えているのだったら、
いくらなんでも浅はか過ぎる。

アドバンテージとは有利性。
何の為に必要か?
それは勝つ為である。

勝利する手段の一つとして存在するのであり、
それが目的ではないのだ。
有利と勝利はまったく異なる。
手札0枚だろうとなんだろうと勝てばいいのだ。

故にその場で損と思われよう行為をしたとしても
後々の勝つ為の布石であるのならば、それはまったく問題ない事である。

しかしながら……








って、なんでグダグダと偉そうに書いているんでしょうねw
書くの飽きたのでここまでにしておきますw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。