DuelNote

カードゲームやコンシューマゲームについて、あれこれ語っていくような感じです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【テリー】 みなごろしパーティー

使用メンバー、スキルは以下の通り。

・ティコ(行動早い)
 暗黒皇帝ガナサダイ、くろくかがやくやみ、守備力アップSP

・さまようよろい(全ガード+)
 カンダタワイフ、攻撃力アップSP、メタルつぶし

・ナイトキング(全ガード+)
 カンダタワイフ、攻撃力アップSP、守備力アップSP

・かぼちゃの騎士(全ガード+)
 カンダタワイフ、攻撃力アップSP、守備力アップSP

【解説】
所謂、巷で流行っているみなごろしパーティー。

みなごろしは、敵・味方問わず必ず会心の一撃が出る斬撃。
それにゆえに会心ガードを持つモンスターは無効化出来る。
アタックカウンタの場合も弾き返すことが出来るので、実質相手のみ攻撃があたることになる。

また会心の一撃は、自分の攻撃力のみ依存する。
故に敵のスカラは意味がなく、味方のバイキルトも意味がない。


【各種役割】

・ティコ
 サポーターユニット。
 赤い霧があると何も出来ないので即黒い霧を使いたい。
 ときどき白い霧を出せるシャイニングも採用候補。
 みなごろし自体は身代わりは意味をなさないが、赤い霧を封じれるのはいい。
 リバース系を採用しても面白い。
 
・さまようよろい
 みなごろしユニット1。
 いきなりスカラがあるので、黒い息を打てるスキルを採用。
 とはいえあまり使うことはなく、使わざる負えない状況だとあまり勝ち目はない。

・ナイトキング
 みなごろしユニット2。
 会心ガードを持つモンスターは他にもいるけど、ゾンビ系は耐性が優秀なので採用。
 残念ながらギガキラーもみなごろしでは意味がない模様。。。

・かぼちゃの騎士
 みなごろしユニット3。
 ステータス低いけど、1~2行動はおトク。
 相手のモンスターが少なくなってきたら、アタックカウンタを貫通するばくれつけんで押すのもアリ。



やっているほうは割と面白いけど、やること単調なんですぐ飽きるのが難点。。。
やられているほうもあまり楽しくないかもしれんしね。。。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。