DuelNote

カードゲームやコンシューマゲームについて、あれこれ語っていくような感じです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【テリー】 究極化した際のメリットについて

究極化した際は以下の5種類。
・攻撃回数1上昇
・ボディが強化される
・行動が早くなる
・全てに対して耐性が1上昇
・攻撃した相手の耐性が全て1下降

どれを選ぶべきかを考えてみます。

1.攻撃回数1上昇
 メリット:行動回数が上昇する。
 デメリット:究極化した際のステータス上昇が行われない。

 1行動を1~2行動にするのならば、倍率的に1.5倍になるけど、
 2行動を2~3行動にするのならば、倍率的に1.25倍にしかならない。

 手数が多くなってかなり有利になるのならば、選択の余地あり。
 しかし、無闇に選ぶものでもないです。


2.ボディが強化される
 メリット:ダメージが大幅に減る。
 デメリット:最大HPが格段に減る。相手にメタルキラーがあると相殺される。

 個人的にメタル系以外に選ぶ意味はないと思います。
 回復がラクになるかもしれないけど、そもそも今作回復するのは結構大変だし・・・。

 冥界の霧対策で、メタル系をあえてこの特性を選ぶことがあるようです。
 とはいえ、冥界の霧は霧の中でも覚えるのが大変なんで
 他の耐性捨ててまで選択するのはどうだろうね~とも思います。

 ちなみにメタル系だけは、HPの下降具合がかなり低いのでちょっとおトクなようです。


3.行動が早くなる
 メリット:先手をとれるようになる。
 デメリット:耐性がダウンする。

 ハイリスク、ハイリターンな特性です。
 3枠といえど、これを選ぶと耐性がエライことになります。
 1枠が選べば殆どのモンスターが耐性がズタボロになることでしょう。

 この特性を選ぶと一部例外を除いて、
 マヒ、眠り、混乱、精神のいずれか、もしくは複数が弱い状態になります。
 特に精神が弱くなるのは非常に痛いです。
 開幕、精神攻撃で1ターン動けくなるのはザラにあります。
 加えて、メタル系は精神に弱いので精神攻撃技を入れている人は非常に多いです。

 とはいえ、相手より先に動けばそれだけ戦局は有利になることでしょう。


4.全てに対して耐性が1上昇
 メリット:耐性が全て上昇
 デメリット:なし

 究極化の中で唯一デメリットゼロです。
 その割には効果もなかなかいいので、何もなければこれを選ぶといいでしょう。
 但し、この特性をもってしても体制が弱いのままになっているモンスターもいるようです。

 この特性に加えてスキルで耐性を強化するのも十分検討すべきです。
 例えば、メタル系にルカニガード+を2つつければルカニ無効化になったります。
 


5.攻撃した相手の耐性が全て1下降
 メリット:相手の耐性が1下がり、通常よりも大きなダメージ。もしくは状態変化技が掛かりやすくなる。
 デメリット:MP消費が上昇する。無効状態からは耐性が下がることはない。
 
 異常状態サージタウスが選ぶことが多いです。
 手数が多いモンスターにつければ有利に働くことになるでしょう。
 とはいえ、他から比べると若干地味な気もします。。。



どれを選ぶかが自分の戦略次第。
大いに考えましょう!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。